内科・消化器内科・内視鏡内科・呼吸器内科・小児科・リハビリ科

小国医院 内科・消化器内科・内視鏡内科・呼吸器内科・小児科・リハビリ科

>
>
消化器内科・内視鏡内科

消化器内科・内視鏡内科

 

消化器内科

 

“おなかのことでお困りの際にはご相談ください”

消化器内科では、食道、胃、十二指腸、大腸、肝臓、胆のう、すい臓などの病気に関する専門的な診療を行っております。当院では消化器病学会専門医がCT検査・腹部エコー・レントゲン検査・血液検査などの各種検査を用いて胃腸、肝臓、胆のう、すい臓などの診療をおこなっています。 些細なことでも結構ですので、おなかに関するお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。「正確で、誠実で、スピーディー」な医療をこころがけ診断と治療にあたります。さらに高度な医療や入院が必要と判断されたときは、連携医療機関へ紹介いたします。

対象疾患
  • 胆のう結石・総胆管結石・胆のう炎・胆のう腺筋症・胆のうがん
  • 慢性肝炎・肝硬変・肝臓がん・
  • 慢性膵炎・嚢胞性膵腫瘍・膵臓がん   など

 

内視鏡内科

 

“内視鏡専門医による苦痛を伴わない確かな胃・大腸内視鏡検査“

 

胃・大腸の内視鏡検査は、説明やコミュニケーションにも力を入れ、患者さまに「来てよかった」と思っていただけるように努めております。

内視鏡には大きく分けて、食道・胃・十二指腸などの検査・治療を行う上部消化管内視鏡(胃カメラ)と、大腸の検査・治療を行う下部消化管内視鏡(大腸カメラ)がございます。

胃がんを予防するためには『ピロリ菌の有無と除菌治療』、大腸がんを予防するためには『大腸ポリープ切除』、がそれぞれ非常に重要となります。

お口から食事がとれない場合の胃ろう造設も入院の上で行っています。また、胃ろう交換は外来で行います。

外来での大腸ポリープ切除なども積極的に行います。

内視鏡検査・治療についての疑問点はお気軽にご相談ください。

当院におきましての胃・大腸内視鏡検査の詳細につきましては胃・大腸内視鏡検査の項目をご覧ください。

 

腹部CT検査装置

腹部の病気を検査する際に必須となります。

 
 


 

胃・大腸バリウム検査装置

当院では胃・大腸の精密検査としてほとんどの方が内視鏡検査を選択されますが、バリウム検査にも対応できるよう検査装置を設置しております。

 

腹部超音波検査装置

肝臓・胆のう・膵臓・腎臓などの臓器をCTよりもさらに詳しく検査できます。